カンナリボンのシューケア

三次のヒノキで作った、カンナリボンのシューケア

森や海から恵みをいただく私たちは、自然がすこやかに育つことにもっと目を向ける必要があります。
その思いの象徴として、ヒノキを「カンナリボン」としてリユースし、魚の形をしたシューケアが誕生しました。
天日で自然乾燥したヒノキ「ひなたぼっこ」。その「ひなたぼっこ」をカンナリボンとして生まれ変わらせました。


<名前>  森と海をつなぐカンナリボンのシューケア
<価格>  1つ 1,000円 (税抜)
<サイズ> 本体 H: 55mm x W:200mm x D:50mm (紐を含まない)
<重さ>  15g

      [ → こちらのページでご購入いただけます ]


アピールポイント

商品の紐を引くと、ヒノキの香りが香りはじめます。
靴に入れることで、靴のイヤなにおいを軽減できます。
また見た目にもかわいい、和柄生地の魚の形は見ているだけでほっこり。
これなら、玄関においてお客様に見られてもOK。
化学物質を使用していない、天然素材ですので、安心してご使用していただけます。
シューケア以外にも、ビジネスでの気分転換に、旅行かばんに入れたり、タンスの中に入れても。
香りが薄くなったら、中身を入れ替えることができる、エコロジカルな商品です。